Notre 5ème recette facile «Filet mignon de porc avec un glaçage au chorizo»公開しました

2020年5月17日 NEWS

 

この投稿をInstagramで見る

 

豚ヒレ肉のポワレ チョリソーのグラッサージュとトマトファルシ

材料(2人前)

・豚ヒレ肉 1本(約400g~500g)

・舞茸 1パック

・ローズマリー 適量

・にんにく 1かけ

・バター 適量

【チョリソーのグラッサージュ】

※フランス料理用語でグラッサージュ(グラッセ)とは多くの意味があるが、ここでは肉料理や魚料理の仕上げに均一に焼き色を付けて輝かせることをいう。

・玉ねぎ(みじん切り) 20g

・バター(無塩) 75g

・パン粉 20g

・チョリソー(みじん切り) 50g 

・塩、胡椒 【ソース】

・黒ごま(すりごま) 15g

・バルサミコ酢 30g

・オリーブオイル 30g

・醤油 5g

【トマトファルシ】

・ミディトマト 6個

・玉ねぎ(みじん切り) 30g

・オリーブオイル 10g

・カレー粉 2g

・クミンパウダー 1g

・イタリアンパセリ 適量

・塩、胡椒 作り方

【チョリソーバター】

1. 玉ねぎのみじん切りを色付けないように炒め、冷ます。 ※トマトファルシ用の玉ねぎのみじん切りも一緒に炒め冷ましておく。

2. バターを滑らかなクリーム状にし、1の玉ねぎ・パン粉・チョリソーのみじん切りを加え塩・胡椒をし、よく混ぜる。

3. 厚手のビニール袋やクッキングシートなどを利用し薄くのばし、冷蔵庫で冷やし固める。

【ソース】

1. 鍋で黒ごまを煎り、香りを出す。

2. オリーブオイルを入れ、黒ごまの香りを移すように温める。

3. バルサミコ酢を加える。火から外し、醤油を加える。

【トマトファルシ】

1. ポワレ用として、豚ヒレ肉の中央部の形がいいところを切り出す。

2. 端の部分をミンチ状になるように細かく刻み、ボールに入れる。

3. 炒めて冷ました玉ねぎのみじん切り・オリーブオイル・塩・胡椒を加え、しっかりと混ぜる。

4. 全体に粘りが出てまとまってきたらカレー粉・クミンパウダー・細かく刻んだイタリアンパセリを加え、更によく混ぜる。

5. ミディトマトの上部ヘタをつけたままカットし、中身をくり抜く。

6. トマトに4を詰める。ヘタの部分で蓋をし、オリーブオイルと適量の塩・胡椒をふり200℃のオーブンで約12分間火を入れる。

【豚ヒレ肉のポワレと仕上げ】

1. 豚ヒレ肉に塩・胡椒をする。

2. フライパンにオリーブオイル・にんにく・ローズマリーを入れ火にかけ、香りが出てきたら豚ヒレ肉を焼き始める。

3. パサつきやすい肉質なので、焼き色を付けすぎないようにする。バターをフライパンに落とし香りを纏わせ、200℃のオーブンで約6~7分間火を入れる。

4. 豚ヒレ肉に火が入ったら温かい場所で休ませる。舞茸を180℃の油で素揚げする。

5. 豚ヒレ肉をカットし、くり抜いたチョリソーのグラッサージュを断面に載せる。サラマンダー(トースターや魚焼きグリルの上火)で焼き色を付ける。

6. お皿にソースをひき、トマトファルシ、豚ヒレ肉、舞茸を盛り付ける。

ASAHINA Gastronome アサヒナガストロノーム(@asahina_gastronome)がシェアした投稿 –

youtubeはこちらから